« アカウンティングを学びました | メイン | 信用情報を確認しました »

2006年04月01日

確定拠出年金

先日、勤務先からある案内が来ました。「確定拠出年金を導入するから、説明会に参加しろ」とのこと。つい2年前に、「今後の退職金の積み立ては行わず、前払いにする」と制度変更されたばかりなのに、またも制度変更です。

日本版401Kといわれる確定拠出年金(DC)は、会社からの退職金原資を自己責任で運用し、老後に受け取る仕組みです。

加入者(従業員)のメリットとしては、
・拠出時に税金がかからない
・運用益にも税金がかからない
・受け取り時に、退職所得控除や、公的年金等控除で税負担を軽減できる
・転職時のポータビリティーがある
・運用次第では大儲けできる
・会社の倒産による退職金不払いなどのリスクをさけることができる

デメリットとしては、
・自分のお金なのに、60歳に到達するまで引き出すことができない
・運用できる商品は、会社が決めたものだけ
・運用次第では老後の資金が確保できない

などがあります。運用先の投信のラインアップも見ましたが、いかにもDCにうってつけの初心者向けのノーマルなものばかりで、あまり魅力を感じませんでした。どうやら、DCに加入しない選択肢もあるようなのですが、税制面のメリットをとるか、税金を払っても完全に自分で運用するか、難しいところです。

管理人運営サイト
FPえくすの豊かな節約生活研究会
FPえくすの住宅資金&住宅ローンガイド
FPえくすの保険の見直し
FPパパの出産・育児とお金の教室
格安旅行術
0からスタート!アフィリエイトビジネス研究会
強度近視からのレーシック
乗馬初心者のための乗馬入門
小学校低学年の勉強法

投稿者 えくす : 2006年04月01日 00:31 : マネーカテゴリの他の記事

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://fpex.info/cgi/mt/mt-tb.cgi/487

コメント

私も去年、その選択に迫られた1人です。
しかしながら、前払いを選択しました。

おっしゃるとおり、60まで引き出せない、
会社を通してのみ、しかも年に1度しか方向変換も出来ない、
そんな不便さを感じました。

リスクは低くとも、利益も少なそうですよね。
個人投資家としては別な方法で自分で選んだ運用方法の方が老後資金にも興味が倍増しそうな気がします

投稿者 ミシェル : 2006年04月01日 17:11

そうなんですよ。
つらつら書きましたが、自分にとっては、税制面以外にメリットはないと見ています。いろんな意味で、不便この上ないんです。
今、私の中では、完全前払いと、ちょっとだけDCとの間で揺れているところです。

投稿者 えくす : 2006年04月04日 02:04

コメントしてください




保存しますか?