« 日経新聞社員のインサイダー取引 | メイン | 最長45年の住宅ローン »

2006年02月26日

株をやっている人の確定申告

確定申告の時期がやってきました。株をやっている場合、譲渡益の申告をする人も多いでしょう。また、特定口座(源泉徴収あり)を開設しているため、申告しない人もいるでしょう。一体、どちらが有利なのでしょうか。

一概には言えませんが、それぞれに次のようなメリットがあります。

<特定口座(源泉徴収あり)のメリット>
・確定申告しなくてよい
・売買時に課税関係が終了するため、住民税をあとで請求されたり、国民健康保険の保険料に影響を与えない。また、主婦が株で大きく利益を出した場合でも、配偶者控除の対象にもなる。

<一般口座のメリット>
・給与所得者で、株と他の収入を合算して20万円以下の場合、所得税の確定申告をしなくてよい。(もちろん、納税不要)ただし、住民税の申告が必要。
・定率減税を受けられる。
・譲渡損の繰越控除が受けられる。

こんな感じでしょうか。私は、複数の証券会社で売買を行っていますし、そのほかでも確定申告の必要があるので、特定口座は開設せずに、一般口座のみで取引を行っています。

特定口座で、源泉徴収されている人も、確定申告をすれば、還付されるケースもありますので、見直してみてはいかがでしょうか。

管理人運営サイト
FPえくすの豊かな節約生活研究会
FPえくすの住宅資金&住宅ローンガイド
FPえくすの保険の見直し
FPパパの出産・育児とお金の教室
格安旅行術
0からスタート!アフィリエイトビジネス研究会
強度近視からのレーシック
乗馬初心者のための乗馬入門
小学校低学年の勉強法

投稿者 えくす : 2006年02月26日 01:57 : 株式カテゴリの他の記事

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://fpex.info/cgi/mt/mt-tb.cgi/459

コメント

コメントしてください




保存しますか?