« エアコンのフィルタ清掃 | メイン | 楽天スーパーポイントをタダで獲得する »

2006年02月17日

鉄道ICカード

関西地区で、私鉄系のICカードPiTaPaの使用できる線区が、これまでの京阪電鉄、阪急電鉄などに加え、大阪市交通局や阪神電鉄などにも大きく拡大しました。また、JR西日本のICOCAとも相互で利用できるようになったため、鉄道ICカードの利便性が大変よくなりました。

私も、以前からPiTaPaを使っていましたが、大変使い勝手がよくなり、喜んでいます。関東では、Suicaの圧倒的な普及に加え、パスネット加入の事業者による「PASMO」が来年3月からスタートします。JR東海もTOICAを発表しました。鉄道ICカードはどんどん普及していくでしょう。相互利用も進むと思います。

ただ、IC自動改札を非接触で通る場合に、同じパスケースにICカードは1枚しか入れられないということが不便です。システム上、当たり前のことなんですが、ICカードを複数持つ場合、分けて持つ必要があります。今は交通系のカードだけしか持っていないので、私自身は特に問題になっていないのですが、銀行のICキャッシュカードや、電子マネーEdyのクレジットカード、それにセブンイレブンなどの7&iホールディングスが導入する独自の電子マネーなどを持つようになった場合、「パスケースと、財布と・・・あとどこに入れたらいいの!」ということになりそうです。

そのためには、少なくとも交通系の5陣営(PiTaPa、Icoca、Suica、PASMO、TOICA)は、今は相互利用としていない電子マネー機能を含めて、相互で利用できるようになってもらいたいものです。

管理人運営サイト
FPえくすの豊かな節約生活研究会
FPえくすの住宅資金&住宅ローンガイド
FPえくすの保険の見直し
FPパパの出産・育児とお金の教室
格安旅行術
0からスタート!アフィリエイトビジネス研究会
強度近視からのレーシック
乗馬初心者のための乗馬入門
小学校低学年の勉強法

投稿者 えくす : 2006年02月17日 00:06 : マネーカテゴリの他の記事

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://fpex.info/cgi/mt/mt-tb.cgi/452

コメント

コメントしてください




保存しますか?