« 年6.26%の金融商品が発売されています | メイン | トラックバックスパムがやってきた »

2005年12月13日

ジェイコム事件

ニュースでご存知だと思いますが、みずほ証券が、新規上場のジェイコムの株価と株数を逆に入力してしまったために、400億とも500億ともいわれる損害をこうむることになりました。また、ミスを取り消そうとしたものの、東証のシステムの不具合のために、取り消せなかったことも分かりました。みずほ証券の平成17年3月期の連結純利益は280億ですから、いかに大変なことになったかということがわかります。

株価と株数を逆に入力するのは、私もよくやることです。と言っても、売買注文ではなく、Yahoo!Financeのポートフォリオの入力時のこと。ポートフォリオをリロードしたら大損害をこうむっていた(ように見える)というのは、笑い話で済ませますが、今回はしゃれになりません。

システムの不具合がなくても、発行済み株式数の数十倍の注文を受け付けてしまうことが問題ですし、おかしな価格でも警告しかでないというのも、フェールアウトのシステムと言わざるをえません。しかも、担当者も警告が出ていたのに続行したというのですから、どうしようもありません。

人間はミスをする動物ですから、担当者がミスする可能性を軽視したシステム設計が、今後大きな問題として捉えられるでしょう。

担当者はどうなるのでしょうね。会社を辞めるだけならいいのですが。

管理人運営サイト
FPえくすの豊かな節約生活研究会
FPえくすの住宅資金&住宅ローンガイド
FPえくすの保険の見直し
FPパパの出産・育児とお金の教室
格安旅行術
0からスタート!アフィリエイトビジネス研究会
強度近視からのレーシック
乗馬初心者のための乗馬入門
小学校低学年の勉強法

投稿者 えくす : 2005年12月13日 00:24 : 株式カテゴリの他の記事

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://fpex.info/cgi/mt/mt-tb.cgi/405

コメント

コメントしてください




保存しますか?