« 不平不満を言う前に | メイン | 年6.26%の金融商品が発売されています »

2005年12月11日

ボーナス払い

ボーナス、もう出ましたか。私のところは一週間くらい前に出ました。しかし、約2割が社会保険料や税金、約7割が預金などの金融商品に当てられたので、手元の銀行口座に振り込まれたのは1割ちょっとしかなく、「ボーナス出たぞ!」という感動はありませんでした。また、明細を家内に渡した時点で、家内にとってのボーナスは終わっており、支給日には何のリアクションもありませんでした。

ところで、ボーナスをカードや各種ローンのボーナス払いに当てている方も多いでしょう。しかし、FPとしての意見を言わせていただくと、カードのボーナス払いはともかく、ローンのボーナス払いはお勧めしていません。

クレジットカードの場合、ボーナス一括払いにしても、金利手数料はかからず、支払いを先延ばしにすることが出来ます。お金を払う半年近く前から物を使うことが出来ますし、手元に残ったお金を運用することも出来ます。気分的に使いすぎてしまうリスクを除けば、何のデメリットもありません。

しかし、ローンの場合は状況が異なっています。住宅ローンのボーナス払いをすべて否定するものではありませんが、ボーナスがもらえることを前提にしたローンの組み方は、ボーナスがもらえなくなった場合、減額された場合に払えなくなるリスクを負います。公務員など確実にボーナスが出る場合は問題は大きくありませんが、業績変動で支給される場合など、不確実な場合には、ボーナス返済をせずに、ボーナスは余裕資金として繰上返済に当てるほうがいいでしょう。

また、車や大型家電などの購入にローンを組んでいるケースでは、それ自体に問題があると思います。住宅以外に借金をすることはお勧めしません。所詮、数十万円から2,3百万円のもの。先にお金を貯めておくか、あとでローンで支払うかだけの違いで、払えない金額ではないのですから、少し我慢して即金で支払うことをお勧めします。いや、それを「我慢」と感じないように、自分をコントロールすることが第一でしょうか。

管理人運営サイト
FPえくすの豊かな節約生活研究会
FPえくすの住宅資金&住宅ローンガイド
FPえくすの保険の見直し
FPパパの出産・育児とお金の教室
格安旅行術
0からスタート!アフィリエイトビジネス研究会
強度近視からのレーシック
乗馬初心者のための乗馬入門
小学校低学年の勉強法

投稿者 えくす : 2005年12月11日 02:18 : マネーカテゴリの他の記事

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://fpex.info/cgi/mt/mt-tb.cgi/403

コメント

コメントしてください




保存しますか?