« かっぱ寿司へのクレームと対応 | メイン | 適性・適職診断 »

2005年11月25日

耐震強度の偽装問題

1建築士による耐震強度に関する書類の偽造が大きな問題になっています。建設会社も関与した組織ぐるみのものという説もあります。

もしも、このマンションを買っていたら、住宅ローンを抱えた状態だったらどうなるのかを想定してみました。まず、大きな地震があると壊れるそうですから、怖くて住んでいられないでしょうし、引越しをしなくてはならないでしょう。しかし、もちろん、今のマンションは売れません。新たに買うか、賃貸に引っ越すかの選択ですが、買うだけの財力が残っているのはまれでしょう。

そして、危険なマンションのローンも残ります。返済は続けなくてはなりません。銀行も抵当に取っている物件の資産価値がなくなっているのですから、持ち主から回収するのに必死でしょう。

当然、損害賠償請求を関係者に起こすことになりますが、軒数があまりに多く、すべてに全額補償することは、到底無理であると予想されます。

これらをいろいろ考えると、かなり厳しい現実があると思います。

ただ、このニュースを聞いてふと思ったことがあります。最近のマンションの耐震強度は問題ないと思いますが、高度経済成長時に建てられたマンションや集合住宅には、コンクリートの劣化等により、強度が落ちているものが多数あると思われます。その意味では、問題のある建築物は、今回のマンションだけではないと思います。ちなみに、鉄筋コンクリートのマンションの法定耐用年数は47年です。

管理人運営サイト
FPえくすの豊かな節約生活研究会
FPえくすの住宅資金&住宅ローンガイド
FPえくすの保険の見直し
FPパパの出産・育児とお金の教室
格安旅行術
0からスタート!アフィリエイトビジネス研究会
強度近視からのレーシック
乗馬初心者のための乗馬入門
小学校低学年の勉強法

投稿者 えくす : 2005年11月25日 00:57 : 雑感カテゴリの他の記事

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://fpex.info/cgi/mt/mt-tb.cgi/391

コメント

コメントしてください




保存しますか?