« 台風とマネーライフ | メイン | 選挙と株価 »

2005年09月10日

三大疾病保障付住宅ローン

三井住友銀行がカーディフ損害保険と提携し、三大疾病(がん、急性心筋梗塞、脳卒中)になったら、以後のローンの支払いが不要となる新型の住宅ローンの取り扱いを始めると発表しました。

住宅ローンを契約する場合は、一般的に団体信用生命保険(通称:団信)に加入し、契約者が死亡した場合などは、以後のローンの支払いが不要になります。しかし、死亡しないで闘病生活を送った場合、ローンの支払いが続くだけでなく、収入がなくなり、医療費もかさみ、せっかくのマイホームを手放さないといけないケースも多々あると思います。

不謹慎な話ですが、お金のことだけ言えば、いっそ・・・と思ってしまう人さえいるかもしれません。

この新型ローンに入ると、0.2%~0.3%高い金利を払うことで、そのような不安から解消されるというわけです。

よさそうに聞こえますね。確かに、リスクだけを考えると、忘れられがちでカバーしないといけないリスクです。でも、保険はリスクと保険料の関係や他の保険との比較が重要です。住宅ローン返済中(おそらく、55歳か60歳くらいまでには完済するのが普通でしょう)に三大疾病になる確率はどのくらいでしょう。3000万円残高があるときの保険料相当の金利負担増額分は9万円ですが、それだけ高い保険料を払うほどのリスクでしょうか。

生命保険の三大疾病特約を使う手もありますし、長期所得補償保険 を利用する手もあります。ローン商品としては斬新ですが、今までの保険を組み合わせるだけでも十分にリスクには対応できます。

私は、このようなローンを組むよりも、グッドローン などの金利の低いローンを組み、長期所得補償保険 でリスクをカバーする方が、経済的であると考えています。

参考:特集~行きるリスクへの備え
住宅ローンの利息の節約

管理人運営サイト
FPえくすの豊かな節約生活研究会
FPえくすの住宅資金&住宅ローンガイド
FPえくすの保険の見直し
FPパパの出産・育児とお金の教室
格安旅行術
0からスタート!アフィリエイトビジネス研究会
強度近視からのレーシック
乗馬初心者のための乗馬入門
小学校低学年の勉強法

投稿者 えくす : 2005年09月10日 03:08 : 住宅ローンカテゴリの他の記事

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://fpex.info/cgi/mt/mt-tb.cgi/344

コメント

えくすさん、はじめまして。まぁゆんと申します。
株主優待同好会日記から参りました。

住宅ローンは団信だけかと思っていました。
新しい商品が出てきているのですね。
住宅ローンの借り換えを考えているので参考になりました。
住宅ローンの保険ではありませんが、私はある程度保険料が高くなっても
若い人で既往症や現在治療中で有る人でも加入できる保険(主に医療)があれば、と思うのですが…。
新規加入やかけかえができなくて困っている人はたくさんいると思います。
住宅ローンとは関係ないお話で長くなりすみません、またお邪魔させてくださいm(_ _)m

投稿者 まぁゆん : 2005年09月11日 20:07

こんにちは。

病気でも加入できるといってまず思いつくのは、今話題の?郵便局の簡易保険でしょうか。誰でも彼でも入れるわけではありませんが、一応、「無診査」が売りです。

ローンの借り換えをご検討なら、長期の固定金利をオススメします。最近は長期固定でも低金利の商品がいくつもありますからね。

投稿者 えくす : 2005年09月12日 01:11

コメントしてください




保存しますか?