« 督促状 | メイン | 広告主が広告を取り下げた時 »

2005年06月03日

小切手換金

私は、Google Adsenseの報酬を「日本円の支払い開始まで保留」にしていたのですが、ずいぶんと残高が貯まってきたので、ドル小切手を受け取ることにしました。1月ほど前に小切手は受け取っていたのですが、先日、換金の手続きに行ってきましたので、その様子をレポートしたいと思います。

私が換金先として選んだのは、UFJ銀行。口座を持つ都市銀行の中で、1番近いからというのが最大の理由です。ネットでいろいろ紹介されている安く換金できる換金業者や、手数料のかからないシティバンクに口座開設することも考えましたが、手間を省くということも大事なので、銀行を選びました。

外為の窓口で「ドル小切手を口座に入金したいのですが」と申し出ると、その支店の口座(円口座でOK)か、小切手の名義と口座名義が一緒かの2点を確認した後、用紙を出してくれました。しかし、この用紙、非常にわかりにくいです。小切手の用語や英語を少し知っていたからなんとか書けるようなものの、初めての人にはかなり書きにくい書類です。

しかし、そんなそぶりを見せずに何とか記入を終え、銀行の方にチェックしてもらっていると、目的の欄に書かれた「報酬」という文字を見て、「お仕事の報酬ということですか?」との質問を受けました。「え、まあ、そんなもんです。」「アメリカで仕事されてたんですか。」(すごーいという雰囲気)「あ、いや、そうでもないんですが・・・(苦笑)」もう、何も聞かれなくなりました。(笑)

最後に「2,600円いただきます。」手数料は現金払いでした。実際に口座に入金されるには、1ヶ月くらいかかるそうです。

管理人運営サイト
FPえくすの豊かな節約生活研究会
FPえくすの住宅資金&住宅ローンガイド
FPえくすの保険の見直し
FPパパの出産・育児とお金の教室
格安旅行術
0からスタート!アフィリエイトビジネス研究会
強度近視からのレーシック
乗馬初心者のための乗馬入門
小学校低学年の勉強法

投稿者 えくす : 2005年06月03日 00:34 : アフィリエイトカテゴリの他の記事

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://fpex.info/cgi/mt/mt-tb.cgi/215

コメント

えくすさん、こんばんは。
私はシティバンクでドルのまま口座に入れているのですが、そのときに「広告料」と書いたら「もっと具体的にお願いします。」と言われましたよー。
「すごーい」というまなざしはこれっぽっちもありませんでした。
この小切手もってシティバンクを訪れる人、結構多いのかもしれませんね(^^;)

投稿者 ayan : 2005年06月03日 01:24

>しかし、そんなそぶりを見せずに

正直な一言に笑ってしまいました。ステキですわ、えくすさん!

私はずっと「広告収入」と書いてます。
「もっと具体的に・・」も「すごーい」も何もありませんわ。
でも深くつっこまれると返答に困りますよね、これって。

投稿者 ジゾウ : 2005年06月04日 01:46

説明しにくいですよね。説明しにくいので「報酬」とだけ書いたのですが、貯まっていたのが1ヶ月の給料とちょうど同じレベルの金額だったので、「アメリカ帰りのビジネスパーソン」と10秒ほど勘違いしてくれたようです。

Adsenseの報酬はまた「日本円の支払い開始まで保留」にしています。換金手数料と手間が無駄なので、早く円払いを開始して欲しいものです。

投稿者 えくす : 2005年06月04日 02:50

私はシティバンクを利用しているのですが、「広告料」と書くようにしています。
いままでは何も聞かれなかったのですが、先月は、窓口の方と、「ホームページを作られているのですか。」
「はい。」「どのようなホームページですか。」「株のホームページです。」というような会話をしました。

投稿者 techan : 2005年06月08日 13:12

Adsenseの換金をシティでやっている人が多いのでしょうね。
平日昼間に市内中心部に行くことがあれば、私もシティを選んでいたと思いますが、
何しろ、ほとんど行かないもので、2600円の手数料を支払う選択をせざるを得ませんでした。

投稿者 えくす : 2005年06月09日 00:08

コメントしてください




保存しますか?