« 愛知万博事前予約必勝法「なおこりん」 | メイン | 誰でも入れる保険 »

2005年06月07日

マネックスビーンズの逆指値

私が主に使っている証券会社はマネックス・ビーンズ証券なのですが、ここの逆指値はなかなか便利です。通常、指値(さしね)といえば、「500円以上になれば売り」といった感じで、高値で売ったり、安値で買ったりするために用います。これに対し、逆指値は、「500円以下になれば売り」などのように、一定の利益を確保したり、損失を拡大させないように用います。

マネックス・ビーンズ証券の逆指値はトリガー条件をいろいろ選ぶことができます。例えば、「株価が500円以下になれば」「寄付きから5円下がれば」「日経平均が11,500円以下になれば」のような具合です。また、「600円以上で売り、400円以下でも売り」といったツイン指値もできます。

株式投資においては、損失をいかに最小限にするかが重要なポイントで、損切りルールの適用が大事です。昼間、相場を見られない人にとって、自動的にルールを厳格に適用してくれるマネックス・ビーンズ証券の逆指値はとてもお勧めできます。

管理人運営サイト
FPえくすの豊かな節約生活研究会
FPえくすの住宅資金&住宅ローンガイド
FPえくすの保険の見直し
FPパパの出産・育児とお金の教室
格安旅行術
0からスタート!アフィリエイトビジネス研究会
強度近視からのレーシック
乗馬初心者のための乗馬入門
小学校低学年の勉強法

投稿者 えくす : 2005年06月07日 00:28 : 株式カテゴリの他の記事

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://fpex.info/cgi/mt/mt-tb.cgi/212

コメント

コメントしてください




保存しますか?