« 顧客に合わせ過ぎないこと | メイン | 出したい広告 »

2005年05月29日

注文ミス

株式取引の注文を電話で行っていた頃に、大手証券会社に誤発注されてしまったことがあります。2,000株持っていた日本航空株を「1,000株売却」と言ったのが2,000株と聞き違えられ、相手が「ニセンカブ」と復唱した時に、「センカブ」と言っていると思いこんでいたために、そして2,000株は「フタセンカブ」と言うと思いこんでいたために、こちらもそれを了承してしまい、そのまま2,000株売却されてしまいました。

「顧客と証券会社と1回ずつ間違えているのに、どうして顧客が一方的に非を受け入れなくてはいけないのか?」などと責任者に食い下がりましたが、判定は覆ることはありませんでした。応対も不愉快だったので「御社と今後のお取引はできませんね」と言い放ちましたが、それに対しても「仕方ありませんね」だけだったので、株式、資金ともにすぐに引上げました。(実は、その頃が直近の高値だったので、結果オーライでしたが・・・)

最近は、株式取引をすべてネットで行っているので、このような間違いはありません。しかし、この間ミスをやらかしてしまいました。

ある銘柄の注文(信用の返済注文)を出していたのですが、持ち株のリストを見ると、約定したと思っていた銘柄が、まだそこにありました。「あれ?」と思って再度成行注文し、約定したのに、リストを見ると、まだそこにありました。

ようやく気付きました。この銘柄は3単位持っていたのです。他の銘柄の多くは、1単位なので、1単位だけだと思いこんで、間違った注文を出していたのでした。手数料、その間の株価の動きを考えると、5,000円ほどのロスをやらかしてしまいました。

何事においても、思いこみを排除して、確認することは大事ですね。

管理人運営サイト
FPえくすの豊かな節約生活研究会
FPえくすの住宅資金&住宅ローンガイド
FPえくすの保険の見直し
FPパパの出産・育児とお金の教室
格安旅行術
0からスタート!アフィリエイトビジネス研究会
強度近視からのレーシック
乗馬初心者のための乗馬入門
小学校低学年の勉強法

投稿者 えくす : 2005年05月29日 03:31 : 株式カテゴリの他の記事

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://fpex.info/cgi/mt/mt-tb.cgi/218

コメント

コメントしてください




保存しますか?