« 株価暴落 | メイン | 鉄道事故と自動車保険 »

2005年04月24日

思考のたが

2日連続で会社で行われたセミナーに参加してきました。内容は、革新的発想をすることで、問題解決にあたろうというものでした。商品開発や新規事業開発などの部署に適したセミナーのように感じました。

この中で、特に記憶に残ったのは、「思考のたが」という言葉です。「たが」というのは、樽の周りについている金属部分のことで、思考のたがというのは、自分を束縛している考え方のことです。固定観念や先入観に近いでしょう。これが、前向きな発想を妨げるということでした。

言われてみると、思い当たる節はいくつもあります。「論理的な考え方は得意だけど、アイデア出すのは苦手だから、無理だろうな」とか、「うちの会社は労働組合強いから、こんな提案、部長はうんと言わないだろうな」とか、いいことでもすぐに頭の中で否定して、前に進んでいません。

私は、どちらかといえばポジティブな考え方をする方ですが、「何でもわかっている」と思いたい思いが強くて、いろんな考えを自分で否定してしまっていたようです。改めなければいけないところです。

管理人運営サイト
FPえくすの豊かな節約生活研究会
FPえくすの住宅資金&住宅ローンガイド
FPえくすの保険の見直し
FPパパの出産・育児とお金の教室
格安旅行術
0からスタート!アフィリエイトビジネス研究会
強度近視からのレーシック
乗馬初心者のための乗馬入門
小学校低学年の勉強法

投稿者 えくす : 2005年04月24日 02:45 : 雑感カテゴリの他の記事

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://fpex.info/cgi/mt/mt-tb.cgi/235

コメント

コメントしてください




保存しますか?