« techanさんの本 | メイン | 発明の対価 »

2005年01月14日

津波被害とタイ政府

それほど大きな記事になっていませんでしたが、先日の新聞にこんな記事がありました。タイ政府が日本政府からの津波被害の援助金を断ったというのです。理由は両国の関係云々ではなく、「被害の大きな国に振り当てて欲しい」とのことでした。日本は意向を受け入れ、インドネシアやスリランカ、モルディブなどに振り当てるそうです。

私は感動しました。自国の利益ばかりを考える国が多い中、プーケットなどで大きな被害が出ているにもかかわらず援助金を断るとは、なんと謙虚なことでしょう。私はタイの文化に興味を持ち、旅行も行ったことがあるのですが、今回の政府の姿勢を見て、ますます好きな国になりました。

その対極にある国といえば、中国でしょう。日本からの巨額のODAや円借款がありながら、宇宙開発や軍事増強に力を入れ、日本からの援助で橋やトンネルのインフラが整備されても国民には全く伝えていません。それどころか、靖国参拝、教科書などの問題で、日本の内政に干渉し、挙句の果ては国民の反日感情を煽ったりしています。そして、経済的にも日本を脅かす存在になっています。

このような国に借金まみれの日本が援助を行うことはどうしても賛同できません。援助すべきは、タイのような国でしょう。

ランキングの順位が下がってきました

管理人運営サイト
FPえくすの豊かな節約生活研究会
FPえくすの住宅資金&住宅ローンガイド
FPえくすの保険の見直し
FPパパの出産・育児とお金の教室
格安旅行術
0からスタート!アフィリエイトビジネス研究会
強度近視からのレーシック
乗馬初心者のための乗馬入門
小学校低学年の勉強法

投稿者 えくす : 2005年01月14日 00:41 : マネーカテゴリの他の記事

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://fpex.info/cgi/mt/mt-tb.cgi/267

コメント

コメントしてください




保存しますか?