« ニッチに生きる | メイン | ライブドア証券から株主優待の本が届きました »

2004年11月26日

投資信託

株主優待同好会日記にインド株投資信託のことが書かれていたので、私の保有している投資信託について書きたいと思います。

まず、私は日本株のファンドを買わないことにしています。理由は、日本株なら、ファンドに任せるよりも、自分で運用したほうがすっきりするからです。
「うまく運用できる」ではなく「すっきり」というのが悲しいところではありますが、自己責任の意味でそう考えています。

ということで、持っているファンドは、外国債券ファンド、外国株式ファンド、不動産ファンドの3種です。

まず、外国債券ファンドは、各国の債券をバランスよく配合した「三菱外国債券オープンDC」を毎月コツコツ購入しています。この他、オーストラリアの債券ファンドも購入を始めました。債券ファンドは派手な動きはありませんので、半ば貯金代わりのように長期保有を考えています。

次に、外国株式ファンドとして、「HSBCチャイナオープン」を保有しています。中国がオリンピック、万博など経済的に非常に注目されていることは言うまでもありませんね。ただし、過度な期待はしていませんので、あと2~3年の期間限定で考えています。また、この冬のボーナスで、インド株式のファンドも購入しようと思っています。いわゆるBRICの中で唯一公用語が英語であることなどが理由で、IT産業中心にインド経済はまだまだ成長すると思います。

最後に不動産のファンドとしては、「フィデリティ・USリートA(為替ヘッジあり)」を少しだけ持っています。リートはキャピタルゲインよりもインカムゲインに重きをおいたファンドのはずですが、運用成績も非常にいいファンドです。円高が進んできたので「ヘッジありを選んでよかった」と思う一方、為替差益も狙えるヘッジなしを近いうちに購入しようとも考えています。

私の資産分布を考えると、やや株式に偏り気味のきらいがありますので、投資信託をうまく活用して、バランスをよくしたいと考えています。

管理人運営サイト
FPえくすの豊かな節約生活研究会
FPえくすの住宅資金&住宅ローンガイド
FPえくすの保険の見直し
FPパパの出産・育児とお金の教室
格安旅行術
0からスタート!アフィリエイトビジネス研究会
強度近視からのレーシック
乗馬初心者のための乗馬入門
小学校低学年の勉強法

投稿者 えくす : 2004年11月26日 00:47 : マネーカテゴリの他の記事

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://fpex.info/cgi/mt/mt-tb.cgi/287

コメント

コメントしてください




保存しますか?