2017年12月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

2017年12月17日

モラタメでヘルシアモルトスタイル

モラタメでノンアルコールビールの「ヘルシアモルトスタイル」を試しました。

ヘルシアだけに茶カテキンを使っているそうですが、味は他のノンアルコールビールと比べてちょっと薄いように感じるものの、ほぼ同じです。その上で、トクホ認定される脂肪減少効果があるということですから、なかなかいい商品だと思います。

ただ、ちょっと他のビアテイスト飲料よりも値段が高いんですよね。

投稿者 えくす : 22:05 | コメント (0) | トラックバック (0) | 節約・お得カテゴリの他の記事

2017年12月14日

NHK受信料裁判

注目されていたNHK受信料に関する裁判の最高裁判決が出ました。内容はもうご承知の通りと思いますが、まとめると次の通りとなります。

・放送法、受信料制度は合憲
・受信契約は裁判の判決をもって締結
・その場合、受信料はテレビの設置時期から支払う義務がある

一般的には、NHKの勝訴ということになっていますが、NHKと契約をしていない人にとって、著しく不利な判決ということでもありません。

と言いますのも、NHKは裁判をしない限り受信料を強制的に取れないわけですが、裁判をしようと思えば、その人がテレビを持っているということを立証できる材料がなければいけません。BSの表示を消してもらうようにNHKに依頼したとかでなければ、証拠はないでしょうし、なかなか難しいでしょう。

また、判決の中で「公共放送」という言葉が何度も使われていますが、歌番組やバラエティなどはそれにふさわしくないですし、経営の合理化を進めることと合わせ、受信料の引き下げ努力を行わないと、今回の合憲判決が出ても、「みなさまのNHK」にはならないでしょう。

NHKの今後に注目したいと思います。

投稿者 えくす : 22:01 | コメント (0) | トラックバック (0) | 雑感カテゴリの他の記事

2017年12月03日

バーガーキングのポテト

数あるハンバーガーチェーンの中で、私はバーガーキングが一番好きです。ワッパーのジューシーな「肉を食べている」感や、「All Heavyで!」とお願いすることで、野菜をいっぱい入れてもらえることなど、全体としてアメリカンな本当のハンバーガーを食べている感じがするところがお気に入りポイントです。

バーガーキングにもマクドナルドなどと同じように、ポテトがあります。メニューを見ると、

フレンチフライS  74g 100円 1.35円/g
フレンチフライM 116g 280円 2.41円/g
フレンチフライL 159g 330円 2.08円/g

Sだけやたらとコスパが良いです。Mが欲しければ、Sを2つ頼んだ方が、量も多くてかなり安いです。Lも同様です。

気になって、マクドナルドも調べてみると、

マックフライポテトS  74g 150円 2.02円/g
マックフライポテトM 135g 270円 2.00円/g
マックフライポテトL 170g 320円 1.88円/g

こちらはほぼ適正な感じでした。食べたい量を普通に頼めばいい感じですね。

投稿者 えくす : 15:22 | コメント (0) | トラックバック (0) | 節約・お得カテゴリの他の記事

2017年11月22日

スマホ代

前回の続きのような内容です。

DSDS運用で、私のスマホ代が結局いくらになったのかを書いていませんでした。
ドコモ(FOMAタイプSSバリュー)に約1,300円、格安SIMのDMMモバイルに約500円、合計1,800円ほどで運用しています。しかも、ドコモには1,000円分の無料通話がつき、仕事で使うドコモのメールアドレスが引き続き使えるのですから、これ以上のプランはないのではないでしょうか。

なお、家族はガラケーとの2台持ちとか、mineoとかで、一家4人の携帯・スマホ代は合計7,000円程度。

LINE中心の中高生にとっては、キャリアメールは必要ないので、格安SIMで十分なようです。

投稿者 えくす : 17:35 | コメント (0) | トラックバック (0) | 節約・お得カテゴリの他の記事

2017年11月07日

DSDSで格安にスマホ運用

前から検討していた、DSDS(Dual Sim Dual Standby:1台の携帯に2つのSIMを入れる)による、格安スマホの運用を始めました。

普通に格安スマホを買えば一番安上がりなのですが、仕事上で携帯メールを使うことがあり、ドコモのメールアドレスを変更するのが非常に手間なので、これまでは、月々のスマホ代を安く上げるために、ガラケーとデータ通信専用スマホの2台持ちをしていました。

しかし、最近、DSDS機が安くなってきたので、2台持ちを卒業することにしたわけです。これまで行ってきた手順を順に説明します。

1)DSDSスマホ購入

各社から、DSDSスマホがいろいろと販売されています。もともとはASUSのZenfone3が欲しかったのですが、なかなか安くならないので、中国のappleともいわれる、小米(シャオミ)のRedmi 4x というスマホを通販で購入しました。途中、トラブル発生?で英語のメールのやり取りもありましたが、注文から1か月かけてなんとか購入できました。Zenfone3と比べ、仕様的には8割、価格的には半額といったところでしょうか。

Zenfone3よりもコンパクト(iphone7とほぼ同じサイズ)なので、そこはむしろメリットに感じていますし、バッテリーの持ちがいいのも魅力です。

2)ドコモの手続

・ドコモのメールアドレスを維持し、スマホで受信できるようにするには、iモードだけでなく、spモードの契約もする必要があります。この際、単純にspモード契約に切り替えるのではなく、spモード(iモード契約可)というものにすることで、双方を使えるような契約形態をとります。メールアドレスも追加で持てますが、料金はiモードだけの時と変わりません。

・新たに取得したspモード用のメールアドレスを適当なものに変更しました。どうせ使わないアドレスですので、ランダム文字のままでも構わないのですが、各種テストをしやすいように、短いものにしました。

・iモードメールではなく、ドコモメールを受信するにあたり、「マルチデバイス化」の手続が必要になりますが、この手続きは、ドコモのSIMをドコモのスマホに入れて行う必要があります。しかも、私の契約はFOMA契約ですので、FOMA対応の古いスマホに限られます。幸い、昔子供に持たせていたスマホが、SIMのサイズを含めて仕様がバッチリでしたので、これを用いました。ネットの情報では、この手続きをするだけでパケット代が相当かかるということでしたので、事前にパケホーダイダブルに加入しましたが、私の環境では1,300円で済みました。

3)スマホの設定

・購入した小米のスマホは、なぜか、日本語設定ができないようになっています。ネットで勉強して公式のDeveropperROMに変更し、日本語に設定できるようにしました。地域設定も日本語が選べないようになっているので、韓国に設定しました。これらは、さほどリスクはなく、20分もあればできました。

・BlueMailというメールアプリを設定し、spモードのメールアドレスを用いて、リアルタイム受信の実験を行いました。スリープ時等、いくつかの環境で試し、ちゃんと届くことを確認しました。また、電話帳をSDカード経由でスマホに移すとともに、電話帳アプリも入れました。


4)再びドコモの手続

iモードメールとspモードメールのアドレスをチェンジし、もともとのアドレスへのメールがスマホに届くようにしました。

5)通話用SIMの入換え

これで1台に集約できることが確認できたので、ドコモのSIMも新しいスマホに入れて、作業が完了しました。


使い始めてそろそろ1週間になりますが、非常にいい感じです。小米は日本嫌いなのか、特許侵害の訴訟リスクを避けるためなのか、日本ではまだ発売されていない機種ですが、もし今の価格で国内販売されれば、大人気機種になると思います。海外通販が不安な方は、Amazonやヤフオクでも購入できるようです。

投稿者 えくす : 21:26 | コメント (0) | トラックバック (0) | 節約・お得カテゴリの他の記事