2019年06月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

2019年06月13日

年金2000万円不足問題?

たまには更新もします。(笑)

今、世間では年金だけでは2000万円足りないとして大問題になっています。しかし、こんなことは大昔から分かっている話で、これを選挙の争点にしたい野党にも、報告書を受け取らないとしている与党(というか、麻生大臣)にもうんざりです。そして、それをあおっているマスコミにも。

全文はここで読めますが、報告書に書かれていることはこんなことです。


金融資産の保有状況は各人により様々であることから、平均的な姿をもって一概に述べることは難しい面があるが、全体的な傾向として、若年層よりもシニア層の方が全体に占める金融資産の保有割合が高く、この傾向は今後も続く見込みである。また、若年層は住宅ローンなどの負債を比較的多く抱えている。

老後の生活においては年金などの収入で 足らざる部分は、当然保有する金融資産から取り崩していくこととなる。65 歳時点に おける金融資産の平均保有状況は、夫婦世帯、 単身男性、単身女性のそれぞれで、 2,252 万円、 1,552 万円、1,506 万円となっている。なお、 住宅ローン等の負債を抱えている者もおり、 そうした場合はネットの金融資産で見ることが 重要である。 (2)で述べた収入と支出の差である不足額約5万円が毎月発生する場合には、20 年で約 1,300 万円、30 年で約 2,000 万円の取崩しが必要になる。

何か目新しい内容ありますか?

私がファイナンシャルプランナー資格を取得した15年~20年前に、生命保険文化センターのアンケートによる「夫婦2人の生活費は最低でも毎月24万円、ゆとりある生活を送るには37万円」というデータがありました。最近の調査でもこれはほとんど変わっていないようです。

だから「住宅資金、教育資金の後には老後資金をしっかり貯めましょう」とか、「老後資金に手を付けないように、年金保険や確定拠出年金を活用しましょう」というFPのアドバイスが定石となっていたわけです。一方で、「生命保険会社に都合のいい”37万円”に踊らされないように」もよく言っていたことでした。

さて、今回の報告書。それを改めてまとめて自助努力を求めただけで、「専門家の報告としては、ショボい」が率直な感想です。とはいえ、これは事実が書かれているわけですから、これを活かしていくのが与野党を問わず政治家のあるべき姿でしょう。

日本の人口ピラミッドの状況下、年金だけで生活できるように制度の大改革をすると、年金保険料や税金が暴騰します。年金保険料を払わずに生活保護に流れていくモラルハザードも発生するでしょう。

与野党の政治家はどうしたいのでしょうか。

投稿者 えくす : 21:17 | コメント (0) | トラックバック (0) | マネーカテゴリの他の記事

2019年05月02日

サイト運営の終了について

令和初の書き込み・・・、というか、今年初の書き込みになりますが、タイトルの通り、近くサイト運営を終了します。このブログだけでなく、「FPえくすの豊かな節約生活研究会」など、fpex.info ドメインのすべてのサイトを本年9月末をもって閉鎖します。

時間を取りにくくなったこと、社会的地位の変化、子供の成長、アクセス減少、アフィリエイト収入の激減等、理由はいろいろとありますが、一番の理由はモチベーションの低下です。

私がネットワークの世界とつながりを持つようになったのは、1994年にパソコン通信NIFTY-Serveを始めたことでした。スポーツ関連などいくつものフォーラムでメンバーとコミュニケーションをとり、複数のフォーラムでスタッフも務めました。

インターネットでサイト運営を始めたのは1997年でした。今の感覚ではあり得ないですが、当時のはやり、いや主流だったかもしれない自己紹介的なサイトで、自分の趣味を深堀りするような形で情報提供するものでした。

これではさすがに意味がないので、2001年から少しは人々の役に立ち、自分の小遣いにもなるサイトとして節約サイトを立ち上げました。当時の節約サイトと言えば、女性によるおばあちゃんの知恵的な情報や、中には根性でお金をかけないような情報が多いサイトもあり、金融知識や男性の視点で合理的に節約しようというサイトは、自分でいうのもなんですが画期的だったと自負しています。

その後も自分の得意分野の情報を掲載するサイトをいくつも立ち上げ、「知識をお金にする」ことを繰り返しました。たまに情報更新するだけで、ほぼ”ほったらかし”のサイトとしては悪くない収入がありました。10年ちょっとくらいはいい時代が続きましたかね。

振り返ると、平成の30年間のうち25年間にわたり、実生活とは異なる世界での情報発信や、人とのつながりができたことは、私にとって価値のあるものだったと思います。

今後は少しずつ”サイトの終活”をしていきます。これまでありがとうございました。

投稿者 えくす : 13:45 | コメント (0) | トラックバック (0) | サイト運営カテゴリの他の記事

2018年11月26日

モラタメでウタマロキッチン

モラタメのモラ、すなわち抽選に当選して、食器用洗剤のウタマロキッチンを使ってみました。

洗濯用のウタマロ石鹸は、汚れ落ちがいいので、汚れた服の下洗いに使っていますが、今回のレビューはキッチン用の洗剤です。やはり汚れ落ちがいいだろうとの期待を込めて使いだしました。

我が家は食器洗い乾燥機を使っていますので、直接手で洗うものは少ないのですが、鍋やフライパンなど油汚れがきついものが多く、実力を測るにはぴったりです。

その結果ですが、しっかり油汚れを落としてくれたと思います。香りも悪くありません。悪いところと言えば、少しかさばることくらいでしょうか。

投稿者 えくす : 20:47 | コメント (0) | トラックバック (0) | 節約・お得カテゴリの他の記事

2018年05月03日

新生銀行がATM手数料有料化へ

連休中に衝撃のニュースが飛び込んできました。ATM手数料がいつでもどこでも無料である新生銀行が、ステージの低い顧客について、手数料を有料化すると発表しました。影響を受けるのは個人口座全体の3分の1とのことですが、給与振り込みやカードの引き落とし等に使っているだけであれば、影響を受けることは必至でしょう。

私も他人ごとではありません。新生銀行が再スタートした頃から口座を保有し、振込手数料やATM手数料無料をフルに活用して、メインバンク的に使ってきましたが、私にとっての魅力は大きく薄れました。

今後は、住信SBIネット銀行を使うことも視野に入れて検討していきたいと思います。

投稿者 えくす : 09:09 | コメント (0) | トラックバック (0) | マネーカテゴリの他の記事

2018年04月27日

モラタメで爽快ゼロ

今回もモラタメの感想です。試したのは、サッポロの爽快ゼロという新ジャンルビールテイスト飲料です。いわゆる第3のビールってやつですね。

3つのゼロ(糖質0、プリン体0、人工甘味料0)に加え、低カロリーNo.1を実現したビールテイスト飲料なのですが、何より、軽くて飲みやすいのが特徴です。味わい的にも、女性に受けるのではないでしょうか。お酒にあまり強くない私も気に入りました。ランニングの後にもピッタリです。

投稿者 えくす : 21:48 | トラックバック (0) | 節約・お得カテゴリの他の記事