2017年03月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

2017年03月22日

初ジャパネット

初めてジャパネットたかたで買い物をしました。

これまで、テレビや折り込み広告、ネットなどで何度もジャパネットの宣伝は見てきました。でも、所詮テレビショッピングですから、インターネットの情報を入手できない情報弱者が、さほど安くないものを買わされているを思っていました。

しかし、先日、ちょうどスティックタイプの掃除機を探しているタイミングで、ジャパネットがダイソンの掃除機を激安販売するという気合いの入った折り込み広告が入っていましたので、価格.comの最安値と比べてみることにしました。なんと、1万円近くも安いじゃないですか。しかも、しかもですよ! 通常購入ではついていないセットもついています。

そして、どうしようかと迷いながら買い物に出かけた本屋で見かけた家電の評価雑誌で、ダイソンのこの商品の評価が非常に高いことがわかりました。

帰宅後、早速ポチりました。初購入完了です。

ジャパネットのTVショッピングにおける誘導の仕方はマーケティングの理論に沿った非常に的確なものだとビジネススクールで習いましたが、一方で、従来型の通販は衰退気味とも言えます。これから、ジャパネットの動きには、注目していきたいと思います。

投稿者 えくす : 22:00 | コメント (0) | トラックバック (0) | 節約・お得カテゴリの他の記事

2017年03月17日

ヤマト値上げへ

Amazonをはじめとする宅配物流の増大により、ヤマト運輸が業務量をこなせないようになってきているとかで、値上げをするそうです。

Amazonに限りませんが、通販業者がどれだけの送料を負担しているのか不思議に思うことないでしょうか。500円の文庫本1冊でも送料無料、そしてなぜか大きな箱・・・

値上げがあれば、当然通販にも影響が予想されます。消費者としてはあまりいい話ではないですが、昨今の報道を見ると、仕方ないことでしょうね。

投稿者 えくす : 01:18 | コメント (0) | トラックバック (0) | 雑感カテゴリの他の記事

2017年02月26日

ふるさと納税

最近、ふるさと納税へのネガティブな意見が増えています。本来の趣旨から逸脱した返礼品合戦になっていることが主な理由です。埼玉県所沢市は返礼品を4月から取りやめることを決めました。ふるさと納税はそこそこ集めつつも、市民がよその自治体にふるさと納税することで、市としての税収はマイナスになっていたそうです。

大阪府の松井知事は「税の趣旨に反しており、ほぼ脱税だ」と批判し、国が是正策を取らない場合、府も返礼品の導入など「対抗措置」をとると発言しました。喧嘩売っているような感じですね。(笑)

でも、今さらという気がしてなりません。最初からわかっていたことだと思います。個人が得する仕組みを作れば、そちらに流れるのは仕方ないことですから。

総務省も、そろそろ本腰を入れて、返礼品に関する規制を始めるべき時期が来たのではないでしょうか。

投稿者 えくす : 14:04 | コメント (0) | トラックバック (0) | マネーカテゴリの他の記事

2017年01月18日

セルフメディケーション税制その2

セルフメディケーション税制に関して、大事なことを書くのを忘れていました。

確定申告で所得控除されますので、確定申告が必要です。また、適用されるのは対象医薬品の購入1万2千円超と書きましたが、限度額は8万8千円となっています。

ですから、所得控除の額は次の通りとなります。

1万2千円→0円
5万円→3万8千円
10万円→8万8千円
20万円→8万8千円

投稿者 えくす : 23:41 | コメント (0) | トラックバック (0) | マネーカテゴリの他の記事

2017年01月16日

セルフメディケーション税制

平成29年から、セルフメディケーション税制という制度がスタートしました。対象となる医薬品を年間1万2000円超買うと、所得税と住民税が節税できる仕組みです。政府の目論みは、軽い風邪程度なら、病院に行かずに市販の薬で直してしまうことで、今後も増大が予想される医療費を抑制することです。

ただし、条件が2つありますので、それらをすべて満たすことが条件になります。

(1)「控除対象」マークのついたレシートを保管する

市販薬ならなんでもいいわけではありません、控除対象となる商品を選び、そしてその購入を証明するレシートを保管しなくてはなりません。ドラッグストアの広告には「対象商品」のマークがついていたり、パッケージにシールが貼ってあったり、レシートにマークがついていたりと、工夫がされていますので、チェックが必要です。

(2)健康診断や予防接種を受ける

薬を買うだけではダメで、さらに健康診断や予防接種など、いずれか1つを受ける必要があります。インフルエンザなどの予防接種のほか、会社や市区町村などで行っている、無料の健康診断でもOKです。予防接種の場合は領収書、健康診断の場合は、結果通知表のコピーを保管してください。

なお、従来通り、医療費控除の対象に医薬品の購入額も含まれます。新税制とどちらが有利になるか、比較することもお忘れなく。

投稿者 えくす : 20:48 | コメント (0) | トラックバック (0) | マネーカテゴリの他の記事