2017年11月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

2017年11月07日

DSDSで格安にスマホ運用

前から検討していた、DSDS(Dual Sim Dual Standby:1台の携帯に2つのSIMを入れる)による、格安スマホの運用を始めました。

普通に格安スマホを買えば一番安上がりなのですが、仕事上で携帯メールを使うことがあり、ドコモのメールアドレスを変更するのが非常に手間なので、これまでは、月々のスマホ代を安く上げるために、ガラケーとデータ通信専用スマホの2台持ちをしていました。

しかし、最近、DSDS機が安くなってきたので、2台持ちを卒業することにしたわけです。これまで行ってきた手順を順に説明します。

1)DSDSスマホ購入

各社から、DSDSスマホがいろいろと販売されています。もともとはASUSのZenfone3が欲しかったのですが、なかなか安くならないので、中国のappleともいわれる、小米(シャオミ)のRedmi 4x というスマホを通販で購入しました。途中、トラブル発生?で英語のメールのやり取りもありましたが、注文から1か月かけてなんとか購入できました。Zenfone3と比べ、仕様的には8割、価格的には半額といったところでしょうか。

Zenfone3よりもコンパクト(iphone7とほぼ同じサイズ)なので、そこはむしろメリットに感じていますし、バッテリーの持ちがいいのも魅力です。

2)ドコモの手続

・ドコモのメールアドレスを維持し、スマホで受信できるようにするには、iモードだけでなく、spモードの契約もする必要があります。この際、単純にspモード契約に切り替えるのではなく、spモード(iモード契約可)というものにすることで、双方を使えるような契約形態をとります。メールアドレスも追加で持てますが、料金はiモードだけの時と変わりません。

・新たに取得したspモード用のメールアドレスを適当なものに変更しました。どうせ使わないアドレスですので、ランダム文字のままでも構わないのですが、各種テストをしやすいように、短いものにしました。

・iモードメールではなく、ドコモメールを受信するにあたり、「マルチデバイス化」の手続が必要になりますが、この手続きは、ドコモのSIMをドコモのスマホに入れて行う必要があります。しかも、私の契約はFOMA契約ですので、FOMA対応の古いスマホに限られます。幸い、昔子供に持たせていたスマホが、SIMのサイズを含めて仕様がバッチリでしたので、これを用いました。ネットの情報では、この手続きをするだけでパケット代が相当かかるということでしたので、事前にパケホーダイダブルに加入しましたが、私の環境では1,300円で済みました。

3)スマホの設定

・購入した小米のスマホは、なぜか、日本語設定ができないようになっています。ネットで勉強して公式のDeveropperROMに変更し、日本語に設定できるようにしました。地域設定も日本語が選べないようになっているので、韓国に設定しました。これらは、さほどリスクはなく、20分もあればできました。

・BlueMailというメールアプリを設定し、spモードのメールアドレスを用いて、リアルタイム受信の実験を行いました。スリープ時等、いくつかの環境で試し、ちゃんと届くことを確認しました。また、電話帳をSDカード経由でスマホに移すとともに、電話帳アプリも入れました。


4)再びドコモの手続

iモードメールとspモードメールのアドレスをチェンジし、もともとのアドレスへのメールがスマホに届くようにしました。

5)通話用SIMの入換え

これで1台に集約できることが確認できたので、ドコモのSIMも新しいスマホに入れて、作業が完了しました。


使い始めてそろそろ1週間になりますが、非常にいい感じです。小米は日本嫌いなのか、特許侵害の訴訟リスクを避けるためなのか、日本ではまだ発売されていない機種ですが、もし今の価格で国内販売されれば、大人気機種になると思います。海外通販が不安な方は、Amazonやヤフオクでも購入できるようです。

投稿者 えくす : 21:26 | コメント (0) | トラックバック (0) | 節約・お得カテゴリの他の記事

2017年10月25日

ノートパソコンをスペックアップ

我が家にはパソコンが何台かあるのですが、このうち、家内が使っているWindows10ノートパソコンのディスクはSSDで、容量は30GBしかありませんでした。

基本的に、メールとネットの専用機のような使い方で、Word、Excelさえ使いませんので、これで十分だと思っていました。でも、Windows Updateやらなんやかんやで、いつの間にか容量が足らなくなってしまいました。しかも、それに気づいた時には空き容量が300MBくらいしか残っていない状況で、tempファイルなど、消せそうなものを消しまくったものの、根本的になんとかしないとどうにもなりませんでした。

そこで、SSDの換装(交換)を行いました。

120GBのSSDをネットで購入し、それをパソコンをこんなケーブルでつないで、フリーのコピーソフトでクローンディスクを作成し、裏フタを開けてSSDを交換しました。

ソフトは、当初、AOMEI Backupperでクローン作成するも原因不明でブートドライブとして認識してくれず、EaseUS Todo Backupを使うも、不良セクタを読み取れなかったとして何度も失敗し、最終的に AOMEI Partition AssistantのPre OSモードでコピーを行うとうまくいきました。

これでしばらくは使えそうです。すぐにあきらめて、新しいものを購入する向きもあるかもしれませんが、少し勉強すると、安くスペックアップが可能です。ダメ元でチャレンジしてはどうでしょうか。

投稿者 えくす : 20:54 | コメント (0) | トラックバック (0) | 節約・お得カテゴリの他の記事

2017年10月20日

節約富士登山

少し古い話になりますが、8月初旬に高校生の息子と富士山に登りました。

ここでも、節約に心がけましたので、簡単にまとめたいと思います。安全や思い出に関する部分をケチるわけにはいかないと思いますので、そこには気を使いました。

まず、道具。富士登山に必要なものを一式ちゃんとそろえようとすると、7~8万円かかるとも言われており、1度しか登山しない場合、それを節約するために、レンタルの利用が多いようです。一流メーカーのグッズ類を借りて、1万円程度が相場です。しかし、これをもっと抑えました。

1万円セットの内容は、ザック、ザックカバー、トレッキングシューズ、防寒具、雨具、ヘッドライト、ゲイター、ストックといったもの。これを2人で借りると2万円かかるわけです。それを次のようにしました。

ザック:1つはネットで3,000円程度のものを購入、もう1つは家にあったリュックサック→全く問題なし

ザックカバー:100均の「自転車前かごカバー」を利用→上からの雨は防げましたので、主目的はクリアですが、なぜかカバーの中に水が溜まってしまいました。水抜き穴があった方がよかったかも

トレッキングシューズ:使い古したランニングシューズ→上り(富士宮ルート)は全く問題なかったのですが、下り(御殿場ルート)では何度か滑ってしまいました。全体の中で、唯一もう少し考えた方がよかったかもと思ったところです

防寒具:家にあったもの(ウルトラライトダウンと運動部のジャージ)を利用→全く問題なし

雨具:ネットで3,500円程度のものを2つ購入。透湿性と耐水性はある程度のレベルのものにしました→全く問題なし

ヘッドライト:ネットで500円程度のものを購入→全く問題なし

ゲイター:ヤフオクで700円程度のものを購入→結局使いませんでしたので、ヤフオクでほぼ同額で売りました

ストック:1本はネットで700円程度のものを購入、もう1本は金剛杖を利用→もちろん問題なく、金剛杖の焼き印ラリーを楽しみました。

ということで、トータル金額的には半分ちょいで、手元に再度使えるもの(ザック、雨具など)が残りました。

次に、飲食。富士山は何でも高いです。もって上がることを考えれば当たり前ですね。節約ポイントは2点です。

飲み物は1人あたり500mlペットを4本持って上がりました。過不足なく、ちょうどだったと思います。飲み物は、上で買えば400円から500円しますからね。多少の重さを我慢できるなら、持って上がるべきです。

そして、山小屋の朝食。1000円ほど取られますが、パン+αとか、ごはん+αとか、大したものは出ません。ということで、これも下から持って上がりました。おにぎり、ゼリー飲料、お菓子など、山の上で元気を出せそうなものをいろいろ選びましたが、1人あたり400円もかかってないでしょう。

来年以降、富士山に登られる際に、参考になれば幸いです。

投稿者 えくす : 22:21 | コメント (0) | トラックバック (0) | 節約・お得カテゴリの他の記事

2017年10月13日

行動経済学

今年のノーベル経済学賞が9日に発表され、「行動経済学」の研究に貢献したアメリカの大学教授の受賞が決まりました。

行動経済学とは、人間の非合理性に注目し、伝統的な経済学の論理では解明が難しかった事象を実証的に示した学問で、従来の経済学が想定する「合理的な人間」ではなく、感情や環境などの要素が行動に影響を及ぼすとの考え方に基づくものです。具体的には、ギャンブルで被った損失をギャンブルで回収しようとしたり、経済状況と株式相場がかけ離れた動きをしたりするといった事象のことですが、これを知っていて、自分の行動パターンを客観的に把握できているかどうかということは、自らの資産を守るために非常に重要です。

すなわち、わかってさえいれば、「合理的な人間」に近づくことができるというわけですし、うまく活用すれば、ギャンブルにおいても、他人の裏をかくことも可能です。

競馬の世界でよく言われていることは、「最終レースで一発逆転(損を取り返す)を狙う人が多い」ことですが、それにより、穴狙いの人も多いです。その裏をかいて、逆に堅い馬券を買っても意外とオッズがついていることもあります。

これは、ほんの一例ですが、各種書籍が販売されていますので、一度読んでみて、自らの行動を振り返ってみてはいかがでしょうか。

投稿者 えくす : 20:08 | コメント (0) | トラックバック (0) | マネーカテゴリの他の記事

2017年10月04日

モラタメでカロリーメイトゼリー

ふと見ると、3か月も更新していませんでした。ちゃんと生きていますので、もっと頑張らないと。いくつかネタは抱えてるんですがねぇ・・・

で、久しぶりの更新がモラタメってのもどうかと思いますが、せっかく試したので、レポートします。

このカロリーメイトゼリー、少し前から売られているものですがカロリーメイトブランドのものですから、非常に信頼感があります。味はアップル味、ライム&グレープフルーツ味がありますが、含まれる栄養分は同じです。同じジャンルの商品としては、ウィダーインゼリーがメジャーですが、あちらが180kcalに対し、こちらは200kcalですので、さすがにカロリーも十分です。

おいしく、栄養補給できますので、とてもいい商品だと思います。私のマラソンレース前、もしくはスタート直後の栄養と水分の補給、子供の部活の試合の合間の栄養補給に使っていこうと思います。

「カロリーメイトは栄養補給にはいいけど、あのパサパサ感が・・・」「飲み物と一緒じゃないとあり得ないよね」という層に、特におすすめです。

投稿者 えくす : 22:19 | コメント (0) | トラックバック (0) | 節約・お得カテゴリの他の記事